洗顔器「フォレオ ルナミニ」(foreo luna mini)とフォレオルナとの違いはどこ? 

  

 

スウェーデン初の小さなカラフルな洗顔器「フォレオ ルナ」が美容家やモデルの間で話題になっています。

 

 

 

インスタグラムでも頻繁に見かける「フォレオ ルナ」ですが、「フォレオ ルナミニ」と「フォレオルナ」など数種類あるようです。

 

 

 

それぞれどんな違いがあるのか、早速見ていきましょう。

 

 

 

「フォレオ ルナミニ」と「フォレオルナ」「フォレオルナゴー」はどう違うの?

 

 

ここでは、フォレオルナの主力モデル、「LUNA mini2」「LUNA2」「LUNA go」3モデルについて解説していきます。

 

 

 

@「LUNA mini2」 価格18,000円(税別)

 

[本体サイズ]
70(幅)×80(奥行き)×28.5(高さ)mm
重量約6g
5色展開
5色とも、肌に触れる部分の仕様はすべて同じです

 

 

 

LUNA mini2は、3モデルの中でも特に洗顔に特化したモデルとなっています。

 

 

 

 

表と裏で硬さの異なるタッチポイントが搭載されており、肌質やその日のコンディションによって使い分けることができるのが特徴です。

 

 

 

 

表の細めのタッチポイントは敏感肌や普通肌の方に、裏面のタッチポイントは脂性肌に適しています。

 

 

 

振動レベルは8段階で調節できて、1時間の充電につき、最長3か月の使用が可能となっています。旅行や外出でもバッテリーを持ち歩く必要がないのが嬉しいですね。

 


 

 

 

A「LUNA2」価格26,000円(税別)

 

[本体サイズ]
102.3(幅)×82.3(奥行き)×36.7(高さ)mm
重量約135g
1時間の充電で最長7か月の使用が可能
振動レベルは12段階で調節
裏面はエイジングケアに使用
[色]
・ノーマル肌(ピンク)
・混合肌(ブルー)
・脂性肌(グリーン)
・敏感肌(パープル)
・男性用と脂質用のタッチポイントの形状は同じ(ブラック)

 

 

 

 

「LUNA2 」は、洗顔だけでなく、エイジングケアも搭載したモデルとなっています。

 

 

 

肌質に合わせてタッチポイントの形状や硬さの違う5タイプが用意されています。

 

 

 

 

本体裏面の波形状の部分を肌に当てて使用して、低周波振動によってたるみやシワといった肌トラブルを改善して、アンチエイジング効果が期待できます。

 

 

 

B「LUNA go」価格11,500円(税別)

[本体サイズ]
50(幅)×50(高さ)mm
重量約42.7g
1時間の充電で最長1か月使用可能
[色]
・ノーマル肌(ピンク)
・混合肌(ブルー)
・脂性肌(グリーン)
・敏感肌(パープル)
・男性用と脂質用のタッチポイントの形状は同じ(ブラック)

 

 

 

マカロンサイズの可愛いルックスの「LUNA go」は、コンパクトで軽量ながらも洗顔とエイジングケアの両方できるモデル。

 

 

 

「LUNA2」同様に、ノーマル肌、混合肌、脂性肌、敏感肌の各タイプ、男性用の5タイプが揃っています。

 

 

 

振動レベルの調整は行えませんが、1時間の充電で最長1か月使用できるため、外出先や長期の旅行にも便利です。

 

 

 

「LUNAシリーズ」の選び方は?

 

「LUNAシリーズ」は、皮膚科医も認めている高機能で安全性の高い洗顔器です。

 

 

 

従来の毛質タイプの洗顔ブラシよりも、肌に優しく衛生的なのがポイント。

 

 

 

そして、肌質に合わせて、普通肌用、混合肌用、脂性肌用、敏感肌用と化粧品のように分かれているのも嬉しいポイント。自分の肌質に合わせて選ぶようにしましょう。

 

 

 

洗顔器のみとして使いたい方はルナミニ2、そして洗顔器とマッサージ兼アンチエイジングもしたい方は、ルナ2持ち運びもできるように小さめサイズを選びたい方は、ルナゴーを選ぶと良いですね。

 

 

<「フォレオ ルナミニ」と「フォレオルナ」の違いのまとめ>
今回は、SNSでも話題となっている噂の美顔器フォレオシリーズの違いについて見ていきましたがいかがでしたでしょうか?
きっと自分にピッタリ合うフォレオが見つかりますので、詳しくは公式サイトをぜひチェックしてみてください。